2017年12月10日日曜日

クリスマスをわかち合う

クリスマスだから
かんがえる
たくさんたくさん たくさん
かなしんでいる
ひとの こと

それから すこうし
かんがえる
どうしてどうして どうして
かなしい
ことが あるのかな

クリスマスだから
かんがえる
かなしんでいる
ひとのこと
(作詞 坂田寛夫)


 昨年のクリスマスイブの日に、「喜び歌おうクリスマスの夜の食卓に難民の家族を招きませんかと、ブラジルのNGOが呼びかけたキャンペーンに、同国全土から約2千世帯が受け入れに手を挙げた」というニュースが紹介された。予想以上の応募に対応できず招かれたのは15名となったが、クリスマスが終わっても毎月、夕食に招く活動を続けられることになったという。

 企画したNGOは、クリスマスをきっかけに異文化間の理解を少しでも深めたいと考え呼びかけた。招かれたシリアやパレスチナなどの難民側は、自分たちの郷土料理を一品作り訪問し、受け入れ側の家族は、七面鳥やポテトサラダなどブラジル風のクリスマス料理でもてなした。「差別や拒絶は相手を知らないことから始まる。クリスマスの夕食を通して互いを知り、難民との距離が少しでも縮まればいい」と企画者は述べている。

 横浜YMCAの会員の家族からは、難民を招くことはできないけれど、見えないもう一人分のプレゼント代を国際・地域協力募金として長年続けてくださる方もおられる。喜びの時であるクリスマスに、喜びと恵をわかち合う時になりますように。
(横浜YMCA総主事 田口 努)

2017年12月9日土曜日

もみの木のクリスマスリースづくりのご報告


2017年12月2日(土)、横浜中央YMCAでは、クリスマスを待ち望むアドベントを前に、チャリティーイベント「もみの木のクリスマスリースづくり」を開催し、大人11名、子ども3名、スタッフ3名の合計17名が参加しました。
この日のために取り寄せたオレゴンの“もみ枝”を小さく切り分けていくと、室内いっぱいにフレッシュな樹木の香りが広がりました。この清々しい香りを存分に味わうことが、“もみの木のリースづくり”の醍醐味と言えるでしょう。 
初めての方も簡単に楽しく作れるよう、難しいプロセスをアレンジした作り方です。飾る場所をイメージしながら土台のサイズを調整し、そして飾り付けもいろいろなオーナメントの中から好みのものを、お互いに分かち合いながら選んでいきます。
 
作った人の個性が豊かに表れる作品に仕上がりました。

参加者からは「他の人の作品を見るのも楽しいわね」「慣れてきたのか、昨年よりも良い出来栄えです(昨年も参加された方)」などの感想が寄せられました。
 
 
今回のチャリティイベントの参加費から、材料費を除いた金額(8,021円)は、YMCA国際・地域協力募金に捧げられます。こうした世の中にあって、世界の人々がアドベントの期間を心温かく過ごせますように願っています。

2017年11月11日土曜日

平和月間~平和のメッセージをつなげよう!

横浜YMCAでは11月を平和月間とし、さまざまなプログラムを行っています。そのひとつに「みんなで平和の木を作り、ハトを飛ばしましょう!!」として、平和へのメッセージや自分にとっての幸せをハトに描いてみんなが元気に、やさしい気持ちになるような幸せを絵や写真、ことばで書き、平和の木を作り、平和を願う活動を行っています。

本日、横浜YMCAの会員サービス担当者会が行われ、礼拝で「幸せなら手をたたこう」を作詞された東京YMCAアドバイザーの木村利人さんが、フィリピンYMCAのワークキャンプで現地の青年たちと平和を誓った体験から生まれたこの歌のストーリーから、あらためて「平和」を考え、思い、祈る時を持ちました。
平和のメッセージに想いをこめて
それぞれが想いを書いた平和のハトは、各YMCAの平和の木に飾られています。

(横浜YMCA会員サービス担当者会)






2017年11月10日金曜日

喜び歌おう

幸せなら手をたたこう
幸せなら手をたたこう
幸せなら態度でしめそうよ
ほらみんなで手をたたこう
(作詞 木村利人)


 良く知られているこの歌は、62年前のYMCAフィリピンワークキャンプで誕生した。戦時中に、日本軍が多くの村民を殺害した場所で行われた復興支援キャンプに参加していた木村利人さんは、戦後初めてその場所を訪れた日本人だった。
 家族が日本軍に殺された憎しみの中にある村で、最初は、あいさつもなく口も聞いてもらえなかったが、肉親を日本軍に殺された一人の青年だけは、木村さんを受け入れようと接してくれた。
 戦争中の日本兵のしたことの罪深さに打ちのめされた木村さんは、その青年との出会いの中で、人としてのつながりが徐々に芽生え、笑い合えるキャンプ仲間となっていった。その姿に村人や子どもたちの交流も図られ、歌い踊る姿を見て和解と平和の思いが拡がったという。その時の村人の歌うメロディーをベースに、木村さんが作詩してこの曲が誕生した。
 当時25歳で早稲田大学院生だった木村さんは。聖書の詩篇47編「すべての民よ、手を打ち鳴らせ。神に向かって喜び歌い、叫びをあげよ」の聖句を平和の思いとして歌に託したのだということを先日直接ご本人から伺った。木村さんは、その後、早稲田大学教授、恵泉女学院大学学長などを務めながら平和のための歩みを続けている。
 木村さんの20年後に、私もフィリピンワークキャンプに参加し同様の体験をした。今も全国のYMCAでは、同様の国際ワークキャンプが続けられ、青年たちが社会や世界の現実を肌で感じ、共に生きる原体験を積み重ねている。
(横浜YMCA総主事 田口 努)

2017年10月10日火曜日

波紋のように

ひとりが「よくなる」と、
その人と出会った誰かが
うれしくなる。
「よくなる」の連鎖は、
やがて社会や世界を
変えていくチカラとなる。
平和を形にしていく
原動力となる。
その強い想いを胸に、
YMCAは これからも
人びとの目線に立ち、
活動していきます。
ひとりが「よくなる」と、
社会や世界は、きっと変わる。
(YMCAブランドブック)


 全国のYMCAでは、この10月からYMCAのブランドロゴやスローガンが変わる。
 YMCAは、生まれる前からのマタニティースイミングや保育園、学童保育、スイミングやジムナススティック、キャンプ、英会話、専門学校、発達障がい者支援、文化活動、市民活動支援、亡くなった家族の心のケアにも関わる高齢者支援活動まで「ゆりかご前から、墓場の後まで」という「ひと」の生涯に寄り添う多彩な活動を展開している。
 YMCAの水泳に参加する子どもが25メートルを泳げた時には「やった」という自分の喜びを「やったね」とともに喜んでくれる仲間がいる。そして「ありがとう」と笑顔で返す。その笑顔に仲間の喜びの笑顔がさらに広がる。他者の喜びが自分の喜びとなる瞬間だが、このようなことを大切に注目し繰り返していくと、自分のために参加したことが、いつの間にか仲間のためにもと想うようになる。
 国際・地域協力募金や障がい児・者支援のチャリティーランに参加しているうちに、地域や世界のまだ見ぬ人のことも自分の家族のように考えたり祈ったりするようになる。
 全ての活動で、このような笑顔の連鎖がポジティブに波紋のように拡がることを信じて、あらためて歩みだす。
(横浜YMCA総主事 田口 努)

2017年9月10日日曜日

東日本ボランティアリーダーズフォーラム報告

9月8日(金)から10日(日)の二泊三日、東京YMCA山中湖センターにて『第30回 東日本ユースボランティア リーダーズフォーラム』が実施されました。

このフォーラムでは東日本に位置する様々なYMCAのユースリーダーたちが集います。
今年のフォーラムには北海道、仙台、とちぎ、ぐんま、埼玉、千葉、東京、横浜YMCAから31名のユースリーダーが参加をしました。

支えてくださるのは多くのワイズメンズクラブの皆様です。ワイズメンズクラブとは、YMCAが行う地域における青少年の健全な育成プラグラムを支援するために、1922年に創立されたクラブです。今回のフォーラムでは参加費の援助をしてくださったり、リーダーたちのために昼食を用意してくださいました。


リーダーたちはこの3日間『今、ユースボランティアリーダーに求められるもの』という一つのテーマについてグループで話し合いを重ねていきました。

YMCA同盟総主事の神崎氏の基調公演を聞き、社会人リーダーであるカウンセラーのフォローを受け、リーダーたちは自分たちの考えをグループの仲間に伝えます。

YMCAリーダーに求められていることはどんなことなのだろう』
現代社会の様々な問題に自分たちはどんな働きができるだろうか』
『YMCAの願いをどうしたら伝えられるだろうか』

朝から夜まで話し合いは続きました。

そして最終日は、グループとして自分たちの思いを発表しました。

個人個人の今後の目標を話すグループ、携わっている子どもたちからリーダーとして一人の人間としてどう見られたいかを話すグループ…様々な熱い思いが語られました。


あっという間に3日間のフォーラムが終了しました。
最初はなかなか意見を言えなかったリーダーも、最終日には仲間と多くの意見交換をすることが出来るようになり、グループとして完成していました。

参加リーダーは今回のフォーラムでの経験を、それぞれのYMCAに持ち帰ります。
そして参加リーダーは勿論、参加リーダーの話を聞いて賛同した他のリーダーたちと共に今後のYMCA活動がより良いものになっていくよう努めてくれると願います。

藤沢YMCA 田代



SPIRITを育む

SPIRITとは、その人の精神にドライブをかけていく力で、誰にでも備わっているものです。その力は、木の葉が風に吹かれて揺れているのを見ないと空気の存在が分からないように、人生の中で大きな試練を受ける時にスピリチャリティ(魂)、精神が存在をしているかということが初めて分かるものです。それは、風のような空気のようなものでありながら、その人の人間としてのあり方を作り上げる一番基本的で大切なものです。人を真に生きさせるための原動力になるものです。その人の人生の方向付けを、そして本当の姿を示すものです。    
(日野原重明)


 7月に105歳で天に召された日野原重明さんが横浜YMCAで講演された際、中学時代からYMCA会員でキャンプに参加され、大学時代には御殿場のYMCA東山荘で全国の青年たちと語り合い、自らのSPIRITが育まれたことを伺った。
 WHOは、健康とは身体的、心理的、社会的に加えてSPIRITの上でも良い状態であることを健康と定義している。
 日野原さんは、世界中のYMCAの略章の一部に必ずある逆三角形には、BODY(身体)、MIND(知性)が両辺にあり、その上辺のSPIRITが両辺を支えバランスを取り自立し、SPIRITの重要性を示していると述べられた。さらに正章の逆三角形内に書かれている「みんなのものがひとつになるために」の聖句にある、共に生きる社会を創ることは「他者のために思いと行動に費やした時間、人とともにどれだけの時間を分け合ったかによって人間としての証がなされるようなこと」と語っている。SPIRITを育み合うYMCAでありたい。
(横浜YMCA総主事 田口 努)