2017年1月21日土曜日

Y.I.C(横浜国際センター)で新春イベント

横浜YMCA地域交流事業「NEW YEAR‘S EVENT&MOCHI TUKI (新春イベント 餅つき)」実施のご報告
 横浜YMCA では、独立行政法人 国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)の海外研修員の地域交流事業を受託し行っています。研修員の方々には日本への親しみと、多くの地域の方々には国際協力や海外への関心を深めて頂くなど、相互交流の機会を設けています。
 1月14日にアゼルバイジャン1、キルギス3、ウズベキスタン1(青年研修中央アジア/コーカサス母子保険実施管理)、インド1(FRIENDSHIP慶応2016博士課程)、ブラジル6(日系継承教育・教師育成、医用材料と再生医療)の12名がJICA横浜のロビーで行われた餅つきイベントに一般の方と一緒に参加しました。 餅つきが始まる前からすでにロビーには多くの一般客が集まり、餅つきを体験する人の列、振る舞い餅をもらう人の列ができていました。
研修員たちも早速列に並び、餅つきを体験しました。係の人の「よいしょ!よいしょ!」の掛け声に合わせて杵を振って餅をつきました。初めて餅つきを体験した研修員は杵が意外と重く、まっすぐ振り下ろすのに苦労していましたが、テンポ良い掛け声に合わせて楽しそうに餅をついていました。振る舞い餅をもらった研修員は「柔らかくて美味しい」とすっかり気に入ったようでした。
餅つき体験の後はJICAプラザ横浜ではゆかたの着付け体験にも参加しました。研修員たちはそれぞれ自分の好みの柄や色のゆかたと帯を選び、着つけてもらいました。初めてゆかたを着た研修員はどこから手を出していいかわからず最初は戸惑っていましたが、帯を締めてもらうと表情も引き締まり、紅白幕の前でポーズをとって写真を撮っていました。日系人の研修員は、簡単に着られるゆかたに興味を持ったようでした。帯も差し込む簡易タイプであれば自分でも着られるので買って帰りたいと話していました。
また、ゆかたの着付け会場の隣で行っていたバルーンアートに挑戦する研修員もいました。係の人に教えてもらいながら風船をひねったり丸めたりして作品を作っていました。
会場のあちらこちらから楽しそうな声や餅つきの掛け声が聞こえ、研修員たちも日本の賑やかな新春の雰囲気を楽しんでいたようです。
YMCAでは今年も様々な日本の季節の行事・文化体験を通して市民と交流し、歴史や文化を学べる機会を作っていきたいと思います。
(JICA-YMCAデスク 野田真由美、石川義彦)

~募金の使途先を学ぶ~

業務会の中で“ミャンマー・ボランティアの旅”の報告会が行われました
 2017年1月20日(金)、本部事務局では、この年末年始(2016/12/26~2017/1/2)に横浜YMCAが開催した、ミャンマーでの巡回診療(小児科・内科・歯科)や、歯磨きや手洗い指導などの公衆衛生に取り組むボランティア・ツアー「第22回 ミャンマー・ボランティアの旅」の報告会を行い、派遣された高村スタッフ(本部事務局)から、ミャンマーの街の風景や生活習慣、食文化の話をはじめ、パテインYMCAや現地の人びとの様子やについて報告を聞き、スタッフ間で学びの時を持ちました。
ミャンマーのYMCAと横浜YMCAとのつながりは、今から40~50年前にさかのぼりますが、ミャンマー人スタッフや医療関係者、また新たな支援者を巻き込んで、いまではパテインYMCAが地域で自立した診療運営を行うまでに成長しました。
高村スタッフからは、現地の人びとと横浜YMCAとの良好な人間関係が伝えられ、横浜YMCAからの募金による運営から、ミャンマーの自主運営に切り替わったあとも、温かい交流が続くようにとの願いが込められた報告となりました。
(本部事務局 募金委員 常盤)

地域の皆様と書初めに挑戦

横浜YMCA地域交流事業「New Year Calligraphy (新春書初め)」実施のご報告
 横浜YMCA では、独立行政法人 国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)の海外研修員の地域交流事業を受託し行っています。研修員の方々には日本への親しみと、多くの地域の方々には国際協力や海外への関心を深めて頂くなど、相互交流の機会を設けています。
 1月14日にアゼルバイジャン2、キルギス2、ウズベキスタン(青年研修中央アジア/コーカサス母子保険実施管理)、ブラジル6(日系継承教育/教師育成、医用材料と再生医療)の11名と一般参加者24組が新春書きぞめイベントに参加しました。
一般参加者にはご家族で参加された方も多く、「子どもに習字をさせたことがないので是非、体験させたい」とおっしゃる方や、「久しぶりに習字が出来て楽しかった。学生時代に戻ったようでした」とおっしゃる方がいて、書初め体験を楽しんでいらっしゃいました。
一方、習字体験が初めての研修員たちはまず、書初めという行事について簡単に説明を受けたあと席に着き、日本語で書いてもらったお手本を見ながら自分の名前の練習から始めました。名前の練習のあとは家族の名前や、自分の好きな言葉を練習しました。ひらがなの筆づかいに苦労して何度も書き直す研修員がいれば、初めて見た漢字を数回練習しただけでバランスよく書き、係の人や周囲の参加者を驚かせる研修員もいました。
日系人の研修員は母国で日本語教師をしていることもあり、一般参加の小さな子どもたちが背筋を伸ばし、真剣な表情で習字をしている様子に驚きつつ熱心に見ていました。日本では小・中学校で習字の科目があり学校で習うと聞くと納得していました。ブラジルでは習字を習う機会がないので子どもたちが習字をする様子は新鮮だったようです。日系の研修員たちは漢字の読み書きが出来るので、文字のバランスのとり方や止め、はらいなど細部に関する違いを講師に質問して、様々な字を練習していました。練習を通して文字の一つ一つを大切にする習字の素晴らしさを改めて感じたようです。ある研修員は習字道具を持ち帰って是非、母国でも子どもたちにも体験させたいと話していました。
YMCAではこれからも様々な日本文化の体験を通して地域の皆さんとのふれあい、日本を理解する機会を作っていきたいと思います。
(JICA-YMCAデスク 野田真由美、石川義彦)

2017年1月17日火曜日

おいしいランチで熊本の復興を応援しています

2017年1月13日(金)、横浜中央YMCA カフェテリア エピキュアでは、熊本地震からの一日も早い復興を願って、第5回目のチャリティーランチを開催しました。
カフェテリアの入り口は、会館の2階となります。
今回も、株式会社 野口食品さん、ユーシーシーフーヅ株式会社さんにご協賛いただいた食材をもとに、福岡地方の「ごぼう天と鶏甘辛煮入りうどん」と、副菜には「野菜の炒り煮」「さつま芋天ぷら」「サラダ」「わかめご飯」をご提供させていただき、多くのお客様で賑わいました。
お客様からは「福岡といえば“ごぼう天のうどん”が名物よね」「鶏肉の甘辛煮がやわらかくて食べやすかった」「つゆの味もちょうど良い具合だった」「体が温まるね」など、寒い時期のメニューとしても好評★★★でした。
また、チャリティーランチには、留学生をはじめ外国人のお客様もとても多く、足を運んでくださったお礼に、くまモンの塩飴やくまモンイラスト入りのクッキーを差し上げたところ「くまモン、ホント大好きです」と非常に喜ばれ、外国の方にもくまモン人気は絶大と感じました。

今回のチャリティーランチで、10,778円の募金が熊本の復興支援に用いられます。
次月は2月14日(火)。“長崎ちゃんぽん”を予定しております。
カフェテリア エピキュアは、YMCAの会員でない方もどなたもランチを楽しんでいただけます。皆様ぜひお気軽にお越しください。
(横浜中央YMCA チャリティーランチ チーム  常盤)

2017年1月12日木曜日

混雑の川崎大師へ

横浜YMCA地域交流事業「Kawasaki Daishi Tour(川崎大師ツアー)」実施のご報告
 横浜YMCA では、独立行政法人 国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)の海外研修員の地域交流事業を受託し行っています。研修員の方々には日本への親しみと、多くの地域の方々には国際協力や海外への関心を深めて頂くなど、相互交流の機会を設けています。
 1月7日にインドネシア(機械・製造光学博士2)、インド(FRIENDSHIP慶応2016博士課程)、ミャンマー(電気/電子工学博士1)、アフガニスタン2(2016農・横浜市立大学生命ナノシステム科学研究科)、アルゼンチン2、ブラジル6(集団:日系継承教育 教師育成Ⅰ、家畜感染症及び人獣共通感染症の診断予防技術、医用材料と再生医療)、の13名と一般参加者とで川崎大師ツアーを行いました。
2017年最初のプログラムは雲一つない快晴に恵まれ、絶好の初詣日和となりました。川崎大師へ向かうバスの車内では川崎の街の話や初詣で、また川崎大師は厄除けで有名ということもあり日本の厄年についてなどの話を聞きながら過ごしました。ほどなくして川崎大師に到着し、自動車専用の祈祷殿駐車場でバスを降りると、研修員たちは交通安全を祈願する自動車専用の寺院があることに大変驚いていました。インドの研修員は祈祷殿の形がインド寺院とよく似ていると話していました。

当日は正月三が日後の最初の土曜日とあって、朝から駐車場には続々と車が入ってきて、参拝の混雑が予想されました。皆で歩きながら川崎大師の山門前の仲見世通りまで来ると参拝者の数は一気に増え、すでに通りを埋め尽くすほどとなっていました。通りの両側から聞こえるリズミカルに飴を切る包丁の音と売り子の呼び声に引き寄せられて試食の飴を色々もらう研修員の姿が見られました。誰もはぐれることなく無事に山門前にたどり着いた後はしばし自由見学としました。
境内は多くの参拝者で賑わっていて、初めて見る日本の初もうでの様子はどれも珍しく、新鮮だったようです。
献香所で線香の煙を頭や体に掛ける人々やおみくじを引く人、沢山の種類のお守りや大小さまざまのだるまを売る店など「あの人は何をしているの?あれは何?」と質問が止まりませんでした。また、本堂の中ではちょうどご摩木祈祷を行っていて、外からですが迫力ある祈祷の様子も見ることが出来ました。
おみくじに挑戦した研修員はおみくじの内容を英語に訳してもらいながら真剣な表情で聞き入っていました。おみくじの内容が今の自分の状況によく合っていることに驚いていました。良い内容だったこともあり、記念に持ち帰ると喜んでいました。
研修員たちは事前に配られた地図を手にそれぞれ自分のペースで境内の散策を楽しんでいました。日系の研修員は日本のお正月について話には聞いていたものの、実際に目で見る初もうでや街の様子は想像を上回る華やかさで楽しいと話していました。母国の家族にも是非伝えてあげたいと言って、たくさんお土産を買っていました。
 帰り道にたこ焼きの屋台を見つけた研修員は「これ、美味しんだよ!」と言って出来立てを一つ買い、他の研修員にも勧めて食べていました。たっぷりの七味を振りかけるのがインドネシア流のようでした。
ツアーに参加した研修員からは日本らしいお正月の雰囲気を味わえて楽しかったと感想がありました。母国とは異なる新年の過ごし方や日本ならではの縁起物など多くの発見があったようです。
 YMCAでは今年も様々な行事・文化体験を通して日本の歴史や文化を学べる機会を作っていきたいと思います
(JICA-YMCAデスク 野田真由美、石川義彦)

Let Your Voice Be Heard!

YMCA 語学事業・12/26-29 English Camp for Global Leadership のご報告
 2016年12月26日(月)~29日(木)、3泊4日の中高生英語キャンプが静岡県御殿場市の東山荘で行われました。関東圏のみならず宮城、富山、京都、和歌山、広島、熊本など全国から集った約40名の参加者がGlobal Leaderになるための活発で多様なアクティビティに参加しました。
 今年のテーマは"Let Your Voice Be Heard."。
 世界の課題を積極的に考える地球市民として、自分の想い・意見をどのように人々に届けるか、ということがプログラムの核となるものでした。
1日目はオリエンテーション、アイスブレーキングと少しずつ緊張が解かれていき、global issues語彙ゲームではチーム対抗で楽しく単語を学び、夜には歌とダンスで大いに盛り上がりました。
2日目のメインアクティビティはグループごとのプレゼンテーション準備でした。自分たちの意見を表現する手段として、事前に①The media ②Elections ③Tourism ④IT ⑤Business ⑥Education in English ⑦Activism ⑧Fashion と8つのテーマが与えられ、各チームにわかれてグループワークを行いました。
3日目にはプレゼンテーションの発表とゲストスピーカーによるワークショップ、そして最終日に発表する個人スピーチの準備、さらにボランティアリーダーたちによるFun Time、と盛りだくさんの1日でした。
最終日の今日は一人ひとりのスピーチ発表。季節がら体調を崩す参加者も多かった中で、全員がそれぞれに精一杯の素晴らしいスピーチを成し遂げる姿は本当に頼もしく、感慨深いものでした。

「今までで一番、英語を話す機会をもらえた」
「言葉に言い表せないほど、たくさんのことを得ることができた」
「I really love this camp! I hope to come again next year!!」
「英語の上手や下手は重要ではなく、とても重要なことは、自分の考えを持って話し合いに参加することだと感じました。」
「こちらが(英語で)伝えようとしていることを皆わかろうとしてくれたのがとても嬉しかったし、”伝えられた”という自信になりました。」
このような参加者の感想から、それぞれにとって何らかの学びのある4日間であったことを感じ、大変うれしく思いました。
 今年は、これまでに数回参加していたメンバーが大学生となり、新たにリーダーとして参加者をサポートしてくれました。そしてまた、来年も来たい、と言う声も参加者の中から数多く聞かれました。
参加したメンバー、リーダー、講師一人ひとりの存在が、この充実した"ECGL 2016"をつくりあげたことを強く感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。
 携わってくださった皆さま、ありがとうございました。
来年もぜひお待ちしています!Happy New Year!!
(横浜YMCA ACT 茂澤いずほ)

2016年12月29日木曜日

富士山ウィンターキャンプ最終日

子どもたちは今、おうちの方にキャンプでの思い出を次から次へと話しているところかと思います。保護者の皆様には、こころよく子どもたちを送り出してくださり、心より感謝申し上げます。
最終日を迎えた「ファンタジーキャンプ」、「いちばん星キャンプ」の子どもたちは、次の人が気持ちよく使えるようにと、3日間の感謝の気持ちを込めて、自分たちの使った部屋の清掃を行い、そして、最後の時間をグループで過ごしました。
―平和を実現する人々は、幸いである。 その人たちは神の子と呼ばれる。―

閉村式で読んだ聖書の言葉です。
子どもたちは、キャンプ中に経験したことを通して、
例えば、けんかをしても「ごめんね」と伝えて仲直りできたこと、
お友だちに荷物の整理を手伝ってもらって「ありがとう」と言えたこと、
様々な場面で、心の中に「平和な気持ち」を感じることができたと思います。
私たちYMCAのスタッフ・リーダーは「平和をつくるため」、「平和をつくる子どもたちを育てるため」にキャンプをしています。

子どもたちには、このキャンプの経験を通して、10年後、20年後、その先でも、「平和を実現する人」になってほしいと願っています。

そして、また富士山YMCAに来て、「平和な気持ち」を広げてほしいと思います。
(富士山ウィンターキャンプ 総合ディレクター 金井 淳)