2017年6月10日土曜日

総主事コラム ブログ 2017年6月

そらにむかって

森へはいりこむと
いまさらながら
ものというものが
みいんな
そらをさし
そらをさしているのに
おどろいた
(作詞 八木重吉)

 5月14日、横浜YMCAが運営する富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ(朝霧高原)が開設10周年を迎え、大感謝祭が行われた。13坪、東京ドーム9個分の大草原、そして眼前に見える富士山の稜線が駿河湾まで続く雄大な大自然を100年後の未来の子どもたちにプレゼントする思いで、多くの人びとの募金によって設置された。環境教育、体験学習の場として、青少年の創造力を育む無限の可能性を秘めている。
 大感謝祭では、大草原を使ったマウンテンバイク・ボード、乗馬などが行われ、富士宮焼そばなど食事やクラフト、バザーコナーもあり多くの人で賑わった。メインホール前の2本の16メートルのケヤキの木では、ツリーイングが行われ、一本の木に10名程度が一人ひとり、ロープに宙づりになりながら、少しずつ自分の力で、上へ上へと登り始める。途中で鳥のように羽ばたいたり、体を動かしながら高さに順応するようで、10メートル以上の高さまで登っている。降りては別の枝に挑戦する子もいる。
 子どもが鈴なりのケヤキにあぜんとしながらも、目を輝かせて上へ、上へと登ろうとする姿に未来を感じ、私の大好きなこの詩を想い出した。森の木々や草花が太陽の光に向かって上へ上へとそらをさしている。それは希望の光。未来に向かっているように見える。森の自然に溶け込み、森の妖精のような子どもたちの姿に未来への希望を感じた。自然とふれあう喜びあふれる機会をたくさん創っていきたい。
(横浜YMCA総主事 田口 努)

2017年5月10日水曜日

総主事コラム ブログ 2017年5月

心のままに

朝の空を見上げて
今日という一日が
笑顔でいられるように
そっとお願いした
時には雨も降って
涙も溢れるけど
思い通りにならない日は
明日 頑張ろう (中略)
人生は紙飛行機
願い乗せて飛んで行くよ
風の中を力の限り
ただ進むだけ
その距離を競うより
どう飛んだか
どこを飛んだのか
それが一番大切なんだ
さあ 心のままに365日
(作詞 秋元康)

  4月6日、厚木YMCA子ども館の献堂式が行われ、学童クラブの子どもたちが、この「365日の紙飛行機」を熱唱し、小林厚木市長をはじめ来賓の皆さんに子どもたちの未来への希望を感じる会となった。厚木YMCA子ども館は、保育園を新築移転し、そのあとに学童クラブ、児童発達支援事業が入った。0歳から12歳までの切れ目のない保育と障がいのある子と保護者が共に育ち合う場や地域の子育て支援の充実を目指し、この4月から開設された。
  この歌は、NHK朝ドラ「あさが来た」の主題歌だったが、そのモデルとなった女性実業家の広岡浅子は、晩年、クリスチャンとなり封建時代の中で女性の学ぶ機会への不平等に対して女子教育や青少年教育に力を尽くし、YMCA、YWCAで活躍された。特に、青少年の学ぶ場として、御殿場にある全国YMCAの青少年研修センター東山荘の建設、運営、募金活動等に尽力された。彼女の生き方と子どもたちの歌声から「距離を競うより どう飛んだか どこを飛んだのか それが一番大切なんだ」という言葉が響く。新しい朝、命に感謝し、今日一日、笑顔でいられますように。
(横浜YMCA総主事 田口 努)

2017年4月10日月曜日

総主事コラム ブログ 2017年4月

飛び立ついのち

いつだったか
きみたちが
空をとんで行くのを見たよ
風に吹かれて
ただ一つのものを持って
旅する姿が うれしくてならなかったよ
人間だってどうしても
必要なものはただ一つ
私も余分なものを捨てれば
空がとべるような気がしたよ
(詩 星野富弘)

 ようやく春を迎えようとしている。春の花は桜もあるが、どこにでもあるタンポポも春を教えてくれる。タンポポのふわふわした「わたぼうし」を摘んで息を吹きかけて飛ばしたことがある方も多いだろう。
 「わたぼうし」が出来るまでの絵本を見たことがある。一年かけて育ったタンポポの花が咲いているのは、わずか7日から10日ぐらいだ。咲き終わり、花をしぼませて1カ月ぐらいかけて綿毛を育てて、ある日一気に「わたぼうし」が咲く。とても神秘的で美しい。
 傘のような綿毛一本の柄の下に種を付けている。だいたい80本から200本ついているそうだ。飛ぶ距離は50mぐらいから、一度宙に舞い上がると10キロも飛ぶそうだ。まるで命の旅のようだが、どの地に落ちても根を強く深く育つようになっていて踏まれても育つのだという。
 4月は新しい学校や学びの場、職場に旅立つ姿を見かける。不安の中にも期待と希望が満ちている。それぞれの場において、しっかりと根付いてほしいものだ。
 大人は多くの期待をかけるが「必要なものはたった一つ」。根が深く育つよう見守り、「それでいいんだよ」と水をあげるように励ましの声をかけ続けよう。自ら育ち、綿毛のように飛び立つ心を大切にしていこう。4月、私たちも余分なものを捨て飛び立ちたい。
(横浜YMCA総主事 田口 努)

2017年3月30日木曜日

横浜ご当地プログラム~開港から近代化まで~

JICA-YMCAデスク 横浜ご当地プログラム「横浜ヒストリーツアー」実施のご報告
 JICA-YMCAデスクでは新しい取り組みとして、横浜を訪問するJICA外国人研修員を対象に、横浜の歴史及び開港から現代への日本の近代化への貢献について学ぶとともに日本への親しみと理解を深め、国際協力に向けての友好的関係を築き平和への礎となる働きを目指すための、横浜ご当地プログラム「横浜ヒストリーツアー」を試行しています。
 この度、3月25日には、漁業コミュニティ開発計画研修に参加する研修員10名と、フランス語の通訳1名が参加しました。ツアーに出発する前にJICAプラザにてスライドや映像を見ながら横浜の歴史や現代の様子について説明を受けました。小さな漁村であった横浜が現代のような大都市に発展してきた様子は興味深かったようで、熱心にメモを取る研修員の姿も見られました。その後、海外移住資料館へ移動し日系移住民の歴史に関する展示を見学し、バスにて市内の歴史的建物や場所を巡るツアーへ出発しました。
漁業関係の研修で来ているだけあって海や埠頭に関心が高く、最初に訪れた象の鼻パークでは埠頭の形大きさを水際まで近づいて確認する研修員もいました。ちょうど横浜フラワーフェスティバルの開催と重なり、色とりどりの花で美しく飾られた公園に研修員たちも感激していました。続けて訪れた横浜開港資料館では、開港当時の横浜の様子や人々の暮らしについての展示を見学しました。フランス語圏の研修員たちは、日本初の国産石鹸の製造はフランス人技師から伝えられたと知ると、横浜の歴史を身近に感じたようで嬉しそう展示された石鹸の型を見ていました。
資料館見学の後は中華街へ移動しました。横浜が開港してから間もない頃から150年以上の歴史を持つ横浜中華街は土曜日の昼前とあって多くの人々で賑わっていました。最初に中国式寺院、関帝廟を訪れました。研修員たちは色鮮やかな屋根の装飾や大きな門構えの迫力にすっかり言葉を失っていました。関帝廟周辺の通りには観光客が溢れていて、店先に行列を作る人の数に驚いていました。また、レストランや食材店、みやげ物店、占い店など見たことのない店ばかりで通りを抜け出るのに時間が掛かりました。「日本人は美味しい物を食べるためならば1時間くらいは並んでも待つ」と聞いた研修員は驚いた様子で「自分では5分が限界だ!」と話していました。その後山下公園では、公園設立の歴史や貨客船“氷川丸”についての話を聞きながら自由に散策を楽しみました。たくさん歩いた後は再びバスへ乗り込み、山手の旧外国人居留地の西洋館や外国人墓地、教会を車窓から楽しみました。歴史的建物が続いた後は一転、現代の横浜港の様子を見ながら、ベイブリッジへと向かいました。最近はアフリカ諸国にも多くの日本車が輸出されていて、研修員からはたくさんの日本の車メーカーの名前が挙がりました。船積みを待つ自動車を見つけた研修員は、「この中に私の国へ運ばれる車があるのかな?」と話していました。港と共に発展してきた横浜の姿は、海と関わりの深い国から研修にきた研修員たちにとって大変身近で、印象深かったようです。
これからもYMCAでは、各地から横浜にきたJICA研修員の皆さんに横浜の歴史やみなとみらいの魅力をたくさん知っていただけるようなツアーを行っていきたいと思います。
(JICA-YMCAデスク 野田 真由美)

春季栂池スキーキャンプ4日目

栂池会場での久しぶりのタイムによるワッペンテスト!
近年雪不足のため、なかなかポール設置をしてのタイムテストは実施が出来ませんでしたが、今年は多くの雪と天候に恵まれ、久しぶりにタイムテストが出来ました。
 絶好の天気の中でのテストとなりました。遠くの山々まで見渡せる清々しい天気の中でのテスト!

 待っているお友だちもドキドキわくわく!緊張して全く笑顔のないお友だちもいれば、早く自分の番になってほしいとそわそわとしているお友だちもいて、いろいろな表情が見受けられました。

 ユニットの担当スタッフの「〇〇ちゃんいくよ~~!3、2、1、GO!!」の合図でスタート!一発勝負のテストです。自分なりの滑りをみんな見せてくれ、最後笑顔でゴーール!!
正直、雪質としてはい環境ではなかったため、良いタイムは出なかったかもしれません。でも、滑り切ったあとの子どもたちの満足そうな表情は「やり切った!!」と感じさせてくれました。

最終日の夜は、ユニット全体で盛り上がれるものを行い、みんな大興奮!!各グループ、明日お別れするのが名残惜しいのかなかな寝付けないお友だちもいたようです。。。笑

明日はいよいよお別れの時です。6年生、高校3年生とキャンプ最後となってしまうお友だちもいます。みんなによって最後まで忘れられないキャンプとなれるように子どもたちとともに進めてまいります。

(栂池高原スキー場総合ディレクター 永田一誠)

2017年3月29日水曜日

春季栂池スキーキャンプ 3日目 Part2

ワッペンテストに向けて猛特訓!!

午後は曇り空の下でのレッスン開始となりました。各ユニット疲れも少し見えてきたため、シエスタ(お昼寝タイム)を取るなどして、少し長めのお昼休憩のあと、午後も元気に滑り始めました。疲れの心配を感じさせないほどみんなスキーに対して向上心を持ち、「もう一回!!」「もっとリフトに乗りたい!!」と良い意味でリーダーたちを困らせてくれました。
初めての子も全員無事にリフトに乗り、長い滑走を楽しみ、ワッペンテストへ向けてポールを使用しての練習を行いました。
ポールだけではなく、今回多くの子どもたちがコブ斜面にも挑んでいました。我々リーダーでも少し気後れしてしまいがちな不整地での滑走にもかかわらず、果敢に攻めの滑りを見せてくれるメンバーにこちらも奮起させらています。
明日のワッペンテスト。栂池会場では久しぶりのポールテストとなります。どんな結果が出るのか楽しみです!!
スキーレッスンの合間にはみんなで雪合戦をしたり、レッスンが終わった後もすぐに宿舎に帰ることなくみんなで協力して雪だるまを作ったりして非日常の雄大な自然を思う存分楽しんでくれている姿が見受けられています。スキーだけがYMCAのキャンプではありません。朝の集い、夜のプログラムとグループ、ユニットの絆が一つになれるような仕掛けをうまく用いながらキャンプは進行していきます。
この5日間のキャンプを通して、どんな思い出、成長が得られるのでしょうか?子どもたちの持っている賜物がさらに光り輝くことでしょう!


(栂池高原スキー場総合ディレクター 永田一誠)

2017年3月28日火曜日

スケートキャンプ・カウボーイキャンプ2日目・3日目

スケートキャンプ・カウボーイキャンプ2日目・3日目は、
天候にも左右されず、予定通りのプログラムを行うことができました。


カウボーイキャンプは隣の「まかいの牧場」に行き、様々な体験をしました。

午前中は羊や馬の小屋の掃除、
馬のお世話をグループの枠を越えて協力して行いました。




午後は羊の毛刈りと乗馬体験を行いました。



体験を通して生命の大切さ、動物たちがいることで人間の生活が
支えられていることを学ぶ機会になりました。


スケートキャンプは、2日目は1日スケート練習でした。


転んでばかりいた子も午後には転ぶ回数が減ったり、
1人で滑ることができるようになったりと子どもたちの成長を感じることができました。


また、経験がある子はターンやスピンの練習をしていて、
少しずつできていく姿を見て驚きました。



2日間のスケート体験の中で、できないことができるようになる喜びと、
難しいことにもチャレンジしてみようと思う気持ちを
忘れずにいてほしいと思います。


2日目の夕べの集い、3日目の朝の集いでは、チャプレンの富士宮教会柳澤牧師より、
「神さまは子どもたちみんなのことを等しく大切に思っているんだよ」と
メッセージをもらいました。


私たちスタッフ・リーダーは、聖書の中の言葉をもとに、
「平和をつくるため」、「平和をつくる子どもたちを育てるため」に
キャンプをしています。

保護者の皆様には、ぜひ帰ってきた子どもたちを笑顔で迎えていただき、
そして、キャンプでの出来事、平和な気持ちになったことを
たくさん聞いてあげてほしいと思います。


この度は、富士山スプリングキャンプ「スケートキャンプ」・

「カウボーイキャンプ」にご参加いただき、誠にありがとうございました。


富士山スプリングキャンプ総合ディレクター 金井 淳
スケートキャンプ プログラムディレクター 中野 千夏

カウボーイキャンプ プログラムディレクター 葉山 正幸