2017年9月10日日曜日

東日本ボランティアリーダーズフォーラム報告

9月8日(金)から10日(日)の二泊三日、東京YMCA山中湖センターにて『第30回 東日本ユースボランティア リーダーズフォーラム』が実施されました。

このフォーラムでは東日本に位置する様々なYMCAのユースリーダーたちが集います。
今年のフォーラムには北海道、仙台、とちぎ、ぐんま、埼玉、千葉、東京、横浜YMCAから31名のユースリーダーが参加をしました。

支えてくださるのは多くのワイズメンズクラブの皆様です。ワイズメンズクラブとは、YMCAが行う地域における青少年の健全な育成プラグラムを支援するために、1922年に創立されたクラブです。今回のフォーラムでは参加費の援助をしてくださったり、リーダーたちのために昼食を用意してくださいました。


リーダーたちはこの3日間『今、ユースボランティアリーダーに求められるもの』という一つのテーマについてグループで話し合いを重ねていきました。

YMCA同盟総主事の神崎氏の基調公演を聞き、社会人リーダーであるカウンセラーのフォローを受け、リーダーたちは自分たちの考えをグループの仲間に伝えます。

YMCAリーダーに求められていることはどんなことなのだろう』
現代社会の様々な問題に自分たちはどんな働きができるだろうか』
『YMCAの願いをどうしたら伝えられるだろうか』

朝から夜まで話し合いは続きました。

そして最終日は、グループとして自分たちの思いを発表しました。

個人個人の今後の目標を話すグループ、携わっている子どもたちからリーダーとして一人の人間としてどう見られたいかを話すグループ…様々な熱い思いが語られました。


あっという間に3日間のフォーラムが終了しました。
最初はなかなか意見を言えなかったリーダーも、最終日には仲間と多くの意見交換をすることが出来るようになり、グループとして完成していました。

参加リーダーは今回のフォーラムでの経験を、それぞれのYMCAに持ち帰ります。
そして参加リーダーは勿論、参加リーダーの話を聞いて賛同した他のリーダーたちと共に今後のYMCA活動がより良いものになっていくよう努めてくれると願います。

藤沢YMCA 田代



2017年8月25日金曜日

道志パイオニア③④キャンプ 3日目報告

パイオニアキャンプも後半3日目を迎えました。
朝の食堂は20度で、とても快適な気温でした。

朝の集いを気持ちよい自然の中で行うことができました。
午前中はグループでの自由時間でした。各グループでおもいおもいに遊んでました。
午後は個人チョイスプログラムを行い、パイオニア3のメンバーが釣りを実施しました。




昨日と同様に自分で釣った魚のハラワタは出してもらいました。
夜はキャンプファイヤーです。リーダーたちの思考を凝らした内容に、子どもたちもおおいに盛り上がりました。
キャンプもあと1日となりました。最後の1日も元気に楽しく過ごします。

パイオニアキャンプ駐在スタッフ 佐藤 達哉

2017年8月24日木曜日

富士山 川滝探検キャンプⅡ(最終日)、富士山アドベンチャーキャンプ・富士山トレッキングキャンプ(最終日)

富士山YMCA主催の3つのサマーキャンプは、本日最終日を迎えました。
参加者の皆さんはそれぞれキャンプに対する熱い思いをもって、午前中のグループタイムをゆっくりと過ごしました。
合同での朝の集いと朝食のあと、お世話になった富士山YMCAの施設と自分たちが使用したお部屋の掃除をしました。

毎回伝えていることですが、来た時よりももっと綺麗にすることを心がけて、次に来た人たちが気持ちよくお部屋を使えるように、感謝の気持ちをもって丁寧に掃除をしました。
お部屋の片づけと自分たちの荷物整理に悪戦苦闘していたグループもありましたが、グループリーダーと駐在リーダーの協力もあって無事終了しました。

午前中のグループタイムの合間をぬって、キャンプごとに集合写真をとりました。

富士山 川滝探検キャンプⅡ 



富士山アドベンチャーキャンプ



富士山トレッキングキャンプ



キャンプ閉村式の様子です。



最後に駐在リーダーから歌のプレゼントがありました。



おかげさまで富士山YMCAのサマーキャンプは、本日で全プログラムが終了しました。
本日午後キャンプ場を出発して、それぞれの思い出を胸にお家に帰ります。

保護者の皆様は、各到着場所に到着時間をご確認の上、お迎えをお願いいたします。
帰り道も、神様によって皆さんの安全が守られますように。

(富士山YMCA駐在スタッフ  大谷 昭雄)



道志パイオニア③④キャンプ 2日目報告

今朝はとても良い天気のもと、朝の集いで一日中が始まりました。
午前中はみなもと体験館のスタッフの方に来ていただき、クラフトをしました。
午後は個人チョイスアクティビティです。自分がやりたいものを選んで参加をします。
秘密基地作り、間伐体験、クールウォーター、ホットウォーターの四つから選びました。
クールウォーターとは沢登りです。子どもたちのペースでゆっくりと沢登りを楽しみました。途中の滝では頭から浴びる強者もいました!




午後はユニットチョイスの時間です。今日はパイオニア4のお友だちが釣りをしました。釣った魚は自分ではらわたを取ってもらいます。
気持ち悪いーと言いながらもみんな嫌がらずに頑張っていました。



 
釣りの後は夕べの集いをしで夕食になります。釣った魚は網焼きにして、夕食で食べました。命をいただく、ということを学べました。
夜はナイトハイク(宇宙人を探せ!)をして、楽しみました。
今日はキャンプ場のフィールド全てを使って楽しみました!



道志パイオニア駐在スタッフ 佐藤達哉

本日快晴!自然とふれあい、たくさんのチャレンジがありました。

        伊豆シーサイドアドベンチャーキャンプ 報告(2日目)

本日は、とても良い天気で朝を迎えました。みんなの活動を太陽が見守ってくれているようでした。
6時ごろの浜から見た朝日
みんな元気いっぱいです!
 今日は、昨日に引き続きサーフィン体験ともうひとつのメインプログラム「アウトリガーカヌー体験」です。カヌーを指導してくれる先生は、この世界では有名人の「デューク金子」さんです。カヌーを漕ぐだけでなく、自然への感謝、仲間とのつながりなどたくさんの話をしてくれました。みんな彼の魅力に惹きつけられて、食い入るように話を聞いていました。


漕ぎ方の説明に真剣です
4人乗りに順番に乗船します
 



順番に全員が体験しました
 さて、サーフィンは2日目。子どもの能力は素晴らしく多くの子が立てるところまで出来ました。それぞれのスタイルで波に乗っていたのが印象的でした。波のリズムに合わせ海とひとつになったようです。





そして、空いた時間は各々で楽しみを見つけて一日中海を満喫しました。

 病人やけが人もなく、みんな元気に過ごしています。明日は、現地ライフセーバーに協力していただき一日ライフセービング体験です。そして、明日は町の教育委員会から誘っていただき朝一でイベントに行ってきます!何のイベントかは、明日のブログをお楽しみに。キャンプも半分が過ぎましたが、残りの期間も目一杯楽しんで過ごします。
 (伊豆シーサイドアドベンチャーキャンプ 総合担当 瀬戸俊孝)



富士山 川滝探検キャンプⅡ(3日目)、富士山アドベンチャーキャンプ・富士山トレッキングキャンプ(8日目)


富士山 川滝探検キャンプⅡ


川滝探検キャンプも後半戦を迎えました。
朝食後、お昼ご飯となる「流しそうめん」の準備にとりかかりました。用具を洗う係、食材を切る係、流しそうめんで使用する竹を準備する係など、グループごとに役割分担をしました。

そしてお楽しみのランチタイムとなりました。
そうめんが上から竹筒をとおって流れてくるのを、みんなで今か今かと待ち構えています。



竹は全部で3本用意しました。最初はうまくそうめんをすくうことが出来なかった人も、すぐに上手に食べられるようになりました。暑い日には冷たいそうめんは最高ですね。



ランチ後は昨日同様、陣馬の滝での川遊びです。昨日は往路は徒歩で行きましたが、今日は往復ともマイクロバスで移動しました。



今日は暦では処暑。だんだんと暑さがおさまる頃と言われていますが、朝霧高原エリアでも久しぶりに最高気温34℃の真夏日となり、絶好の川遊び日和となりました。



川の水は冷たかったのですが、いざ川遊びが始まってしまえばなんのその。
最後はみんなずぶ濡れになって記念撮影です。



キャンプ最後の夜のプログラムは再びキャンドルファイアーで盛り上がりました。
火つけの係として、何と古代ローマよりルシウス登場!?


ゲームや歌で大いに盛り上がったあとは、ハレルヤソングで少しずつ静寂と落ち着きをとりもどすと、グループごとに部屋に戻って終了です。

明日はキャンプ最終日。元気に横浜に帰ります。



富士山アドベンチャーキャンプ


今日はトレッキングキャンプと合同でファイナルパーティーの日です。
そのための準備としてまずは薪割りを行いました。参加者のキャンプ技術の向上への取り組みとして、リーダーが一人ひとりにナタの使い方を指導していました。



グループタイムは、ハンモックの上でみんなでひと休みです。長いキャンプではゆっくりとしたシエスタのような時間を過ごすことも大切ですね。贅沢な時間です。



ランチタイム後、早速パーティーの準備にとりかかりました。道具を洗ったり、食材を切ったり、各グループ内でそれぞれの役割を一人ひとりが責任をもって取り組んでいました。



火おこしをしていよいよ調理がスタートしました。
今日のメニューは、ハンバーグ、ポトフ、デザートのアップルパイでした。
みんなが大好きなメニューです。



ファイナルパーティーと称した野外炊飯が行われているキャンプ支援センターでは、料理ができあがるまでの間、トレッキングキャンプに参加をしている人たちとの交流が見られました。



昨日よりも鮮明に姿を現した名峰・富士山。
トレッキングキャンプと合同で富士山をバックに記念撮影です。


9日間のアドベンチャーキャンプも明日で最終日です。元気に横浜に帰ります。



富士山トレッキングキャンプ


今日はトレッキングキャンプもメインのプログラムはファイナルパーティーです。
グループタイムも大切にして、今日の処暑といわれる暑さの中、熱中症には十分に注意しながらプログラムを実施しました。

朝日を浴びて、昨日よりも美しい姿を現した富士山をバックに記念撮影です。



パーティーの準備の前に、昨日から継続している「ピザ釜修復プロジェクト(と呼んでいるそうです。)」を本日も行いました。



ピザ釜修復後、壁には本日の日付で「トレッキングキャンプ2017」の文字が。



そしていよいよ調理がスタートしました。強力粉、薄力粉とドライイーストを使って、ピザ生地をこねています。



昨日と本日で修復したピザ釜で焼いてみました。できあがりはこんな感じです。



自分たちで作ったお食事はいかがでしたでしょうか。
野外炊飯はただ作って食べるというだけでなく、自分達で考えて協力して準備をして実行するまでのプロセスがとても大事なんですね。



美しい富士山をバックに、アドベンチャーキャンプの参加者と合同で記念撮影です。
先ほどの写真とは別ショットです。微妙にみんなの表情が違うのがわかりますか?



夜のプログラムでは駐車場で、今回のキャンプの振り返りを行いました。それぞれキャンプに対する熱い思いなどを聞くことが出来ました。


9日間のトレッキングキャンプも明日で最終日です。元気に横浜に帰ります。


(富士山YMCA駐在スタッフ  大谷 昭雄)