2016年12月8日木曜日

巻き寿司体験交流会

横浜YMCA地域交流事業「SUSHI Making and Eating Program(巻き寿司づくりプログラム)」実施のご報告
 横浜YMCA では、独立行政法人 国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)の海外研修員の地域交流事業を受託し行っています。研修員の方々には日本への親しみと、多くの地域の方々には国際協力や海外への関心を深めて頂くなど、相互交流の機会を設けています。
 11月30日にパラグアイ(個別長期・バイオテクノロジー)、ガーナ、ネパール2、トルコ3(社会基盤整備における事業管理)、インド(FRENDSHIP慶応2016博士課程)、インドネシア(機械・製造工学 博士)、ブラジル2(医療材料と再生医療、家畜感染症及び人獣共通感染症の診断予防技術)の研修員11名は、神奈川SGG(KSGG)のボランティアの皆さんと一緒に巻き寿司作りを体験しました。
 普段はあまり料理をしないと話す研修員たちも日本食には関心が高く、作り方を覚えて母国で披露したいとやる気満々の様子で身支度を整えていました。ほとんどの研修員はエプロン、三角巾をつけると、いつもとは印象の異なるお互いの姿に最初は少し恥ずかしそうにしていましたが、講師の説明が始まると真剣な表情で聞き入っていました。
まず始めは米の面を外側にして具材を巻く“裏巻き寿司”に挑戦しました。生魚が苦手な研修員でも美味しく食べられるようにときゅうり・アボカド・大葉などの野菜を中心に、卵焼き、カニカマなど色鮮やかな食材を細く切って用意してくださいました。研修員たちは講師のデモンストレーションをお手本に、“巻きす”を器用に動かしてきれいな裏巻きを作っていきました。出来上がりの色や見た目を考えながら慎重に具材を並べる人や好きな具材ばかりを並べる人などそれぞれの個性が表れる巻き寿司となっていました。
太巻きの次は細巻き寿司に挑戦しました。細巻きは名前の通り海苔も細く、具材もシンプルなだけにご飯の量と具のバランスが難しく、きれいに巻けなくて苦労している研修員もいました。特に巻き終わりが上手くいかずに巻き寿司が開いてしまう人が多く、見ているのとやってみるのとは違う!と何回も練習する人もいました。
 巻き寿司を包丁で切る練習では海苔をきれいに切るのに苦労していました。力で切ろうとして失敗する研修員は軽く包丁を動かすだけで切る講師の手元をまるで魔法を見るかのような様子で見つめていました。
日系パラグアイの研修員は母国でも日本食をよく食べるそうで、巻き寿司もお母さんが作ってくれると話していました。自分も覚えて家族に作ってあげたいと言って熱心に海苔巻きの練習をしていました。また、ネパールの研修員は帰国する前に必ず“巻きす”と“焼きのり”を買いに行くと話していました。みな手軽に作れて、見た目にも美しくヘルシーな巻き寿司がすっかり気に入った様子でした。盛り付けの後は即席みそ汁と緑茶も入れ、お待ちかねの食事タイムとなりました。
一口では食べきれないほど大きな太巻きに戸惑いつつ、味には大満足の様子で色々な具材の巻き寿司に挑戦していました。わさびや甘酢漬けの生姜にも積極的にトライしていましたが反応は様々でした。アジア出身の研修員が平気な様子で美味しいと言っているのに対し、トルコ出身の研修員たちは少量のワサビや生姜で涙目になってギブアップし、みなお互いの反応を楽しんでいました。巻き寿司を食べながらそれぞれの国の郷土料理の話をしたり、家庭での料理の様子を話したりと料理談議に花が咲いていました。
日本食に興味を持っていたけどなかなか挑戦する機会がなかった研修員は日本食が身近に感じられて良かったと話していました。また、いつもは別々の研修に参加する研修員たちにとってもお互いの交流を深めるよい機会となったようでした。
 YMCAプログラムではこれからも様々な体験や地域の皆様との交流を通して日本文化を学ぶ機会をつくっていきたいと思います。
(JICA-YMCAデスク 野田真由美、石川義彦)

2016年12月7日水曜日

フットボールは世界のことば

横浜YMCA地域交流事業「Enjoy Futsal!(フットサル交流)」実施のご報告
 横浜YMCA では、独立行政法人 国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)の海外研修員の地域交流事業を受託し行っています。研修員の方々には日本への親しみと、多くの地域の方々には国際協力や海外への関心を深めて頂くなど、相互交流の機会を設けています。
11月27日に、アルジェリア(漁業コミュニティ開発計画)、エチオピア(上智大学研究室)、モザンビーク(慶応大学政策メディア研究室)、トルコ、アフガニスタン(社会基盤と事業管理)の5名が横浜市中区の中スポーツセンターで行われた、フットサル交流を実施し、市民グループ15人とフットサル交流をしました。
 はじめにルールを確認後、チームを分けて自己紹介とチーム対抗ボール運びゲームでアイスブレイク。それから何回かチームを交換しながら試合をしました。
各国からの海外研修員にはフットボール好きな方が多いです。やらなくても観るのが好きで、やたら詳しい方、見ているだけで熱くなる方、海外チームの情報交換などフットボールは世界の言葉だと改めて考えさせられます。多くの研修員参加者はゴールへの執念がすごく、一生懸命頑張ります。
フレンドリーマッチということもあり、敵味方関係なく良いプレーは褒め、チームを励まし、自然と笑顔がでて、相手チームでも認め合い、爽やかな汗と共に言葉の気軽なやり取りも加わって自然の交流になるようです。また、世界各地からの参加にはそれぞれのサッカーのスタイルも垣間見えたりして、新たな発見もあります。
また、次回も新たな参加者でフレンドリーマッチができますよう、願っています。
(JICA-YMCAデスク 石川義彦)

秋の鎌倉、紅葉狩り

横浜YMCA地域交流事業「Kamakura Half Day Trip(半日鎌倉ツアー)」実施のご報告
 横浜YMCA では、独立行政法人 国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)の海外研修員の地域交流事業を受託し行っています。研修員の方々には日本への親しみと、多くの地域の方々には国際協力や海外への関心を深めて頂くなど、相互交流の機会を設けています。
 11月26日に、ネパール、ガーナ、アフガニスタン、トルコ3(社会基盤整備における事業管理)、インドネシア(機械・製造工学博士)、イン1(FRIENDSHIP慶応2016博士課程)ブラジル2(医療材料と再生医療、家畜感染症及び人獣共通感染症の診断予防技術)の10名で秋の鎌倉、円覚寺と高徳院をめぐる半日ツアーを行いました
当日は朝から雲一つない青空に恵まれ、鎌倉は朝から多くの観光客で賑わっていました。北鎌倉の駅はホームからあふれんばかりの人で埋め尽くされていて、研修員たちは何ごとかと驚いていましたが、まずは最初の見学先の円覚寺を目指しました。赤く色づいたもみじの横を通り総門をくぐると観光客は多いものの、高い木々に囲まれた境内は静かな空気に包まれていて研修員たちの表情も引き締まりました。
荘厳な造りの山門(三門)の前では、巨大かつ繊細な造りの木造建築の技術の高さに驚き、熱心に写真に収めていました。仏殿でも熱心に仏像や建物を見学していましたが、研修員の中には日本人の参拝者の様子にならってお賽銭をしてご本尊にお参りする人もいました。
 天井に描かれた龍を見つけて、不思議そうにしている研修員たちに龍が雨や水を司る水神であること、雨のように仏の恵みを降り注ぐこと、火事から建物を守っていることなど伝えると、トルコの研修員が龍はトルコでも同じく水の守り神だと話し、納得していました。
その後は境内が広いため、しばらくは自由時間とし思い思いに散策を楽しみました。境内のあちらこちらで赤く色づいたもみじの写真を撮る日本人を見た研修員は、日本に来て初めて季節ごとに変化する木や花を見ることで季節を楽しむことを知ったと話していました。今まで風景として木々を見ることはあっても日本人のように木や葉そのものを美しいと注目して見ることはなかった。母国に帰ったら自分も木々や草花にもっと注目して季節を楽しみたいと言っていました。
円覚寺を散策後は鎌倉に出て、江ノ電で高徳院を目指しました。電車の到着が遅れたため超満員の江ノ電に乗ることになりましたが、インドの研修員からの「インドスタイル!」の一言でみんなが笑顔になりました。
 高徳院に到着すると境内に入ってすぐ、青空の下に鎮座する大仏が目に飛び込んできて、研修員たちは大喜びでした。海外では屋外にある仏像はめずらしくないそうですが、鎌倉の大仏がもともとは建物の中にあり、津波によって建物が流されたため現在の姿になったと知ると驚いていました。
普段はあまり宗教の話をしない研修員たちですが、仏教はそれぞれの国でも歴史があり、信仰している人がいるとあってそれぞれの国の仏教事情を話していました。ネパールの研修員は仏教の発祥は実はインドではなく仏陀の生まれたネパールであることを話すと、アフガニスタンの研修員はバーミヤンの仏像は鎌倉大仏の5倍くらいの大きさがあり歴史も古いことを話し、インドの研修員は日本の仏像の姿・形がインドのものと違うと言い話は尽きませんでした。
 帰り道では偶然トルコ料理店を見つけたトルコの研修員たちは、店の主人とすっかり意気投合し、本格的なケバブを堪能していました。その他の研修員も模造刀や招き猫、お守りなどの思い思いのお土産を買って楽しんでいました。
秋の鎌倉で寺院をめぐりながら美しい建物、風景を楽しむだけでなく、仏教を通じて改めて日本と母国との共通点、異なる点を発見することが出来たようでした。
 YMCAプログラムではこれからも様々な体験を通して日本文化を学ぶ機会をつくっていきたいと思います。
(JICA-YMCAデスク 野田真由美、石川義彦)

2016年12月5日月曜日

チャリティーイベントでボランティア

横浜YMCA地域交流事業「Charity Event “YMCA Festa”(チャリティーイベント)」参加のご報告
 横浜YMCA では、独立行政法人 国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)の海外研修員の地域交流事業を受託し行っています。研修員の方々には日本への親しみと、多くの地域の方々には国際協力や海外への関心を深めて頂くなど、相互交流の機会を設けています。
11月23日にガーナ1、トルコ2(社会基盤整備における事業管理)、ブラジル(医用材料と再生医療)の4名の研修員が横浜中央YMCAのウェルカムフェスタ(チャリティーイベント)に参加しました。
イベントの収益はすべて国際・地域協力募金として国内外の災害の緊急支援、エイズ孤児、タイ、ミャンマーの支援に用いられるという趣旨を事前に理解した参加者は、横浜中央YMCA8階の縁日雑貨コーナーで綿菓子作りやヨーヨー釣りの手伝いをしつつイベントを楽しみました。
すべて初めての体験でしたので、じっくり作り方を観察してから手伝う人や何回か失敗した後に、販売できるものがすぐ作れるようになって貢献できました。また、交代で他のブースを周ったりする時間もあり、食べ物を買ったり、バザー品を購入したりして楽しみました。研修員からは「フリーマーケットが好きな研修員は多いのでもっと皆が来ればよかったですね」「イベントに参加して、初めて綿菓子も作りましたが、とても満足し、幸せを感じる一日でした。」 「チャリティに参加できたことを大変感謝しています。」と初めての日本でのチャリティーイベントに参加した充実感を得たようでした。
このように、YMCAデスクでは市民コミュニティーに入って一緒に体験や活動することを通して日本での充実した時間を過ごせるようにしていきたいと思います。
(JICA-YMCAデスク 石川 義彦)

手作りはんこで年賀状

~国際・地域協力募金プログラム~
 「手作りのクリスマスカード/年賀状  消しゴムはんこ教室」のご報告
2016年11月29日(火)、横浜中央YMCAにて、県内の小学校や地区センター、文房具店のイベントなどで活躍する講師の先生を迎えて、消しゴムはんこ教室を行いました。はじめに、YMCAの募金活動や支援の取り組みについて、担当からお話をさせていただいた後、講師の作品を消しゴムにトレースしていきました。その後、4種のカッターや彫刻刀を使いながら、クリスマスの“ひいらぎ”やお正月の“干支”のほか、なかには″文字“に挑戦する人もいて、そっと慎重に印面を彫っていきました。
参加者は、初めて消しゴムはんこに挑戦する人たちばかりでしたが、講師のわかりやすいアドバイスで、素敵なクリスマスカードや年賀状、お年玉袋などを仕上げることができました。
参加者からは「消しゴムでこんなに遊べるとは!知らなかった」「親戚に渡すお年玉袋と年賀状を、この場でいっぺんに完成させることができた!実用的」という声も寄せられました。
今後は、季節のイラストをモチーフにした講師の作品(ただいま製作中!)を、館内1階受付で順次、販売の予定です。お楽しみに。
(本部事務局 募金担当 常盤)

震災後5年8ヶ月が過ぎて・・・・

東北訪問ツアーのご報告
11月19日~20日に、3.11の震災後 5年8か月が過ぎた今、震災があった地の「今」を実際に視て、関係者の方々から生の話を伺い、今後の復興支援及び自分達の関わる地域での減災にもいかせるようにとのことで、保育関係者、学童関係者、JICA横浜研修員(ブラジル2)の19名で、東北訪問ツアーとして宮城県沿岸部を訪ねました。
まず、11月より三陸自動車道が仙台から南三陸まで繋がった高速道路で、南三陸町に行き、復興に向けて活気のある「さんさん商店街」で昼食をとり、現在盛り土に囲まれた防災センターを視察しました。
その後、石巻市行き、大川小学校では震災の遺族でもあり、現在、大川小訴訟の原告として訴訟中でもある2名の保護者の方々に、当時の話と時計が止まったままの現在の大川小学校内を案内していただき、震災当時と現在の話を伺いました。
翌日は名取市市民活動センターで、震災時に閖上地区で園児53名全員とともに避難することができた、当時の閖上保育所の所長であった方に当時の話を伺い、その後、「閖上さいかい市場」で地元産の昼食を各自取りました。 午後は閖上地区に行き、遺族でもある語り部の方から復興が遅れる現地を案内していただきながらお話を伺いました。
それぞれ、お話頂いた方からは、様々な思いの中に、マスコミや行政へのストレスを感じながらも、少しでも今後に活かしていかなければならないという強い思いが感じられるお話でした。
参加者にとっては、実際に見て、聞いて、感じたものを大切にしながら、各自が今後に活かしていけるよう願っています。
横浜YMCAでは、「3.11を忘れない」という思いを持ち続け、引き続き、東日本大震災後の復興支援を行っていくと同時に、自分たちが関わる地域での防減災へも繋がる働きを担っていきたいと思っています。
(本部事務局 石川 義彦)

2016年12月2日金曜日

YMCAスタッフと作る もみの木のクリスマスリース

横浜YMCA:国際・地域協力募金プログラムのご報告
 2016年11月26日(土)、横浜中央YMCAにて、フレッシュ(生木)を使って、クリスマスリースを作るプログラムを行いました。
クリスマスの音楽が流れる中、和やかな会となりました。
「オレゴン産のもみの木を使ったリース作りです」
「もみ枝をパーツに分けて、土台のワイヤーに巻きつけます」
「土台の完成です」
「好みのオーナメントをそれぞれ土台に飾っていきます」
「飾り付けのセンスが光ります」
「最後に記念撮影!!同じもみ枝の材料を使っていながら、ひとりひとりの個性が作品にあらわれて、できあがりは全く違う素敵な作品が完成しました。」
 このプログラムは、YMCAのチャリティーイベント。
 材料費以外の参加費(11,942円)は、YMCAの国際・地域協力募金に充てられます。

リース作りを通してYMCAの募金にご協力いただき、ご参加いただいた皆様には、心より感謝いたします!
(本部事務局 募金担当 常盤)